下北沢 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

美容室あるある「こんな仕上げはできん!」ってやつ

ROSSOのデザインフォローって?

 

どうも、ROSSOの河内です。

 

 

今回は読み物です。

 

 

年も変わり、今年はどんな年になるのかしら〜

 

髪でも切って気分を変えてみよう!

 

と、

 

思って1月、2月と髪型を変えた方、ROSSOでもたくさんいらっしゃいました✂︎

 

 

 

髪型を変えることは、誰でもドキドキすることです。

 

 

威勢よく変えたい!切りたい!と言ってみたはいいものの、

 

大丈夫かな?似合うかな?

 

上手く家でスタイリングできるかな?

 

 

なんて不安は誰でもつきものです。

 

小学校、中学校の頃、日曜日に髪の毛を切り、月曜日登校するときの小っ恥ずかしさったら、、、

みんなの反応なんて気にしてないですよ〜的な雰囲気を醸し出したりして、

でも好きな子の反応はすごく気になったりとかして、、、みたいな。

 

 

懐かしいですね。

 

 

デザインさせていただく側もある意味同じで、お客様の雰囲気、ライフスタイル、髪質などを考え、

多少なりともどこかドキドキワクワク感を抱き、ハサミを入れます。

 

 

カワウチデザインの信条は、「乾かしただけでキマるデザイン」です。

 

 

 

お客様のスタイリングテクニックに頼らず、ブローなしでも外に出れる、そんなカットをカワウチは日々追求しています。

 

 

 

なので余談ですが、よくスタイリングをアシスタントに手伝ってもらうことが営業中多々あります。

 

その時は、「ここをこうして、こう流して、ワックスつけて、、」とか言わず、

 

「こんな雰囲気で!」とだけしか僕は言いません。※他のスタイリストは違うかもしれませんのであしからず

 

 

また、仕上がりに対してもカワウチはほぼノーコメント

 

 

 

なぜか?

 

それは「美容師ができないのにお客様ができるわけがない」

 

と思うからです。

 

 

僕らはプロのデザイナーです。

四六時中ヘアデザインのことを考え、練習し、腕を磨いている僕ら美容師が上手くスタイリングできないのに、

お客様にうまいスタイリング要求なんてできません。

 

 

てなことで話は本題。

 

 

ROSSOでは、髪を短くカットした、カラーを明るくした、パーマをかけたなど、

 

特にヘアスタイルをチェンジした客様に対し、

 

「デザインフォロー」

 

ということをさせていただいております。

 

 

そんな大それたことではありませんが、

新たなヘアスタイルになった不安や疑問などを、よりクリアにしていただくために

相談にのり、必要であればさらなる提案、そしてちょっとしたお直しなどをさせていただいて、

新しい髪型をできるだけ楽しんでもらいたい!

 

 

そんな思いでデザインフォローということをお客様に伝えております。

 

 

気分を変えたい、新しくなりたい!

という真剣なニーズに、僕らも真剣に、サロンの外で自分のデザインした髪型がどう生きているのか?

を考えています。

 

むしろスタイリングの調子がとても良く、気分が上がっている時でも大歓迎です!

どう?い〜でしょ?

 

ぐらいな気軽な感じでROSSOに寄って髪の毛を見せてもらえると幸いです!

 

 

以上、河内でした!

この記事を書いた人

下北沢の美容院ロッソ
河内 章吾
Shogo Kawauchi

ショートやボブのカットが得意です!朝、楽をしたい女性はカワウチまで!是非ブログもご覧ください!

河内 章吾の記事

下北沢の美容室ロッソの最新記事