西荻窪 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

ココ・シャネルの世界 。@西荻窪美容室、美容院  藤澤麻実

ココ・シャネル。

20世紀を代表したファッションデザイナー。

CHANELの創業者。

そして、

ドイツのスパイ。

そんな彼女の造る服の数々は、
エレガントで、
品があり、
そして何より、
強い。

11月の終わり。
シャネル マドモアゼル プリヴェ展。

同展では、
そのアパルトマンの部屋の色調をイメージした5つのエリアで構成。

ファッション、
ビューティー、
そしてジュエリーの3つのクリエイティブに迫る内容。

何だか気になる。

そして、
もし少しでもココ・シャネルの脳内に入り込むことが出来たら…

そんな想いで行ってきました、
天王洲アイルB&Chall。

時を経て、
ここまで魅了するのはなぜだろう。

カッコよくモード、
お洒落な展示。

シャネルが生きてきた時代を感じ、
1つ1つのエリアを見る。

感じることは“ファッション”だけではなかった。

早速ココ・シャネルを調べる。

1920年代“コルセット”が主流な女性のファッションを、
こんな窮屈なものをつけなくちゃならないと疑問を持った。

コルセットを外し、
ポケットをつけ、
“シャネルスーツ”を造る。

もともと、
シャネルはファッションデザイナーを夢見ていたわけではなく、
歌手になりたかったらしい。

幼い頃に親をなくし、
洋裁を習う。

このことが後にCHANELを造り出すのだから、
きっかけとはわからない。

デザイナーとして、
1度は引退するもまた復活。

87歳。
最後のときまでコレクションに参加。
その最中に亡くなってしまったけど。

シャネルを題材にした映画も多数。

いちファッションデザイナーというよりも、
ココ・シャネルだった。

調べていく中で、

ただ1つ感じ取れたのは、
情熱に生きた人ということ。

「失敗しなくちゃ成功はしないわよ。」

byココ・シャネル

スタイリスト✂️藤澤麻実

西荻窪 美容院 ロッソの記事

西荻窪の美容室ロッソの最新記事