下北沢 美容室 ロッソサンテ

ヘアスタイルで日本を元気にします★

坂口 拓魅
スタイリスト

坂口 拓魅サカグチ タクミ

Sakaguchi Takumi
BIRTHDAY
2月23日
HOMETOWN
熊本県 山鹿市
HOBBY
旅、パリ好き、ちょいっとウイスキー
MY HAIR
曲がることを知らない超直毛。
MESSAGE

お客様へのメッセージ

2月23日生まれ。天皇陛下と同じ誕生日。

魚座のB型。

 

 

 

出身は熊本🐎

これは、熊本の県民生かも知れませんが、新しいものが好きで,

そこに対してはかなり敏感な環境で

育ってきました。

わさもん、ひごもっこす、へそまがり、言葉の通り、

熊本県人は基本的に目立ちたがり屋です。いいことも悪いことも。😅

そんな熊本で、両親が美容師の家庭に生まれました。

父は美容室を経営し、スタッフもいたためとても多忙でした。

僕は子供の頃、野球をやっていたのですが、試合を見にきてくれたことはほとんどなく、遊んだ記憶もほとんど無いので、友達の親との違いにギャップを感じていました。

ただ漠然と子供ながらに忙しく働く親の姿を見ていたので、美容師への憧れはなく、美容師にはなりたくありませんでした。

 

少し走るのは速かったので高校は陸上部に入部。

それまで坊主にしてましたが、髪を伸ばせるように。

 

そんな中思春期に突入。通学カバンには、ワックスを2、3種類常備。

朝、学校に着いたらトイレに向かい、髪の毛ネジネジ。

この頃から自分の髪に対するこだわりも増え始めました。

 

自分の髪の毛はずっと父にカットしてもらっていました。

営業が終わる20時ぐらいの美容室で。

月に1度。

 

いつもはお任せだったものが、高校生くらいから少しづつオーダーを言うように。

自分のこだわりが出てくると、自然と髪の毛に対する興味も増してきて、

段々と髪の毛に対する会話が親子間で、増えていきました。

 

 

そうなってくるともう気持ちは止まらず、、

営業後の美容室の風景、

タオルが干してあったり、

クロスが干してあったりのあの光景、

パーマ液の匂い、、

 

 

 

今まで何も感じていなかった空間が

段々心地良くなってきて、

親近感が湧いてきて、、、

 

 

ああ、俺、美容師になるんだ‼︎‼︎

 

決意した18歳の夏。

 

 

美容師になりなさいと

言われたことは一度もありませんでしたが、

自分の意思で、

美容の道に進みたいと思い、美容師に。

 

 

美容学校は

福岡の天神にある美容学校で

2年間美容を学び、

 

東京で美容師がしたい、

カットが上手いお店に入りたい、

その一心でROSSOに入社。

 

 

 

現在、スタイリストとして

美容師させてもらってます。

 

 

シンプルな中にもデザイン性があり、

モードを感じさせるようなヘア、

世界観を大事にしてます。

 

 

美容師はヘアを通して人と人とが交わる

最幸な職業だと僕は本気で思ってます。

僕にとっての天職!!☺︎

 

 

今まで培ってきた自分の知識を

誠心誠意お客様に伝えます。

 

 

相手がいて成り立つ仕事、相手がいて成り立つデザイン。

一緒に良いヘアスタイルを作りたいです。★