下北沢 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

下北沢のテクニシャンによる『痛くないブリーチ』!いつもカラーで頭皮が痛くなる人も僕にお任せあれ!

こんにちは。

下北沢のテクニシャン、又の名をカラーファンタジスタ 南壽タケル です。 インスタ ←はコチラから。

 

普通のカラー含め、特にブリーチで頭皮がヒリヒリと痛くなる方っていますよね。カラー剤の種類や強さにもよりますがよっぽど痛くなる方、更にはかぶれたり傷になってしまう方はアレルギーが原因です。

 

実際、僕のお客様にもカラーで頭皮がヒリヒリと痛くなる方がいます。特にブリーチになるとヒリヒリどころか痛いっ!!ってぐらいまでの方も。。。

 

体質なのでしょうがないっちゃしょうがないのですが、それを理由にやりたいヘアカラーを諦めちゃうのも嫌じゃないですか。やりたいのにやれない、、、もどかしい。

 

ヘアカラーが好きな僕としてはそんな方の味方になりたいと思い、痛くならないヘアカラー、特にブリーチの塗り方を研究しました!そこで編み出したのが、、、

 

コットンブリーチ

 

です。 って言われてももちろんわからないと思うので、写真も含めてご説明したいと思います。

 

上の写真がコットンブリーチで根元のリタッチをしたときの様子です。コットンを使ってるのでコットンブリーチという単純な名前ですw

 

このコットンブリーチのメリットは2つ!

①狙った範囲を綺麗に正確にリタッチできる

②頭皮に付かないギリギリで塗れるので痛くならない

この2つです。

 

①の正確なリタッチというメリットに関しては、特にコットンを利用しなくてもできるっちゃできます。ただ②の痛くならないという理由。ぼくは何よりこのメリットを声を大にして言いたいです!

 

ブリーチブログ)←前にも軽く説明したブログもあります。

 

ブリーチ剤の特徴として、時間を置いている間に薬剤がどんどん膨張してきます。膨張は薬が多ければ多いほど激しいです。普通にリタッチをすると薬剤同士の間に隙間がありません。よって薬剤同士がくっ付きどんどん膨張していきます。さらにその膨張によって薬剤が頭皮につきヒリヒリとしてきます。薬剤が熱くもなってきます。コレがよく頭皮が痛くなっちゃう人のパターンだと思います。

 

このコットンブリーチだと写真のように髪の毛同士の間に空間が生まれます。

 

これによって薬剤同士もくっ付かず一定の量のまま時間を置けるので膨張も最小限に抑えられます。熱もさほど感じません。

 

最近だと、僕は温めるソーラーも使いません。

 

確かに温めると薬剤の効果は上がりしっかり脱色してくれるのですが、その分膨張が激しくなり更には薬剤が水っぽくドロドロになるケースもあります。そうなってしまうと頭皮に付いてしまい長く時間が置けなくなります。それらを防ぐ為に最近はもうソーラーは使ってません。

 

このやり方で実際に普段は痛くなっちゃう方をブリーチしましたが『全然大丈夫だった!』と言って頂けました!その方の仕上がりはこちら。。。

 

グレーをベースにそこにバイオレット味を加えたカラーリングです。とっても綺麗ですね!2回目のブリーチ後の色を入れる時も頭皮にはつけないやり方で染めました。なんら問題なんてないです!

 

こんな感じがコットンブリーチです!

 

あくまで僕のやり方なので美容師さんによってカラーリングのやり方は様々で賛否両論あるとおもいますが、このやり方を僕は自身持ってオススメします!

 

頭皮が弱くてカラーリング、ブリーチを遠慮している方!是非気軽に1度下北沢のカラー博士南壽タケルにご相談ください!100%痛くならないという保証はなかなか無いですが、今までには無いやり方を1度試してみることで新しい道が開けるかもしれ無いですよ。

 

以上カラー博士でした。

インスタ←インスタはこちら♪

この記事を書いた人

下北沢の美容院ロッソ
南壽 タケル
Takeru Nasu

年齢層関係無く、お客様リピート率No.1スタイリスト。こだわりを語ったブログを沢山書いてるので見て欲しいです。

南壽 タケルの記事

下北沢の美容室ロッソの最新記事